デジタル浮世絵について What is the "Digital Ukiyo-e"?

デジタル浮世絵について

 この度 平成26年(2014年)10月24日に「デジタル浮世絵」を日本 特許庁に商標登録を出願いたしました。
 この「デジタル浮世絵」は私の制作方法の商標です。
日本のアートとして世界で認知されている「浮世絵」と「デジタル」で制作した作品という意味を組み合わせたものです。私はデジタルで制作することを当時の版画と同じ意味を含んでいるととらえています。
つまり、「現代版の浮世絵」という意味もこめて名前を付けました。
 現在、カメラは日本製品がほとんどを占めていますが、自信をもって日本的な写真作品を発表する人は稀と感じます。
私はこの状況の中で少年期から身近にあった浮世絵を参考に、大胆な色彩、遠近感の誇張、明暗差の減少を適宜に適用して制作しています。
 私なりの解釈として「国際的に作品を発表していく中で日本的な美意識を持つことが求められている」と考えたからです。

"Digital Ukiyo-e"

What is the "Digital Ukiyo-e"?
I had done an application for trademark registration of "Digital Ukiyo-e" to Japan Patent Office at October 24th 2014.
The "Digital Ukiyo-e" is a compound name the "Ukiyo-e"=famous Japanese art and "Digital"=making process, and that make the semantics by naming for the digital works. I think that a digital making process is a process to produce the several copies same as a woodblock print in the past, and it include a meaning of "The Modern version of the Ukiyo-e".
Currently, most of the cameras is made in Japan, but I think only very few people make a photographic work based on a Japanese-style sense of beauty.
I am refer to an imminent Ukiyo-e from boyhood. The characteristic of my works are simplification of the subject, exaggerated perspective, the color control with a feature, and that is to use as reference the characteristics of Ukiyo-e.
I think that it is necessary to make a photographic work based on the Japanese-style sense of beauty, if I exhibit in the world.

人気の投稿