勝林寺 双頭蓮 授与品について Awarded goods for sale of the double-head lotus collaborated with Shourinji temple


東福寺塔頭 毘沙門堂 勝林寺
公式ホームページによれば~臨済宗大本山東福寺は、嘉禎二年(1236)に関白九條道家の発願により、藤原氏の氏寺として栄えていた法性寺内に伽藍を建立したことに始まる。東福寺の寺名は、東大寺・興福寺の奈良の二大寺から一字ずつ取ったもので、二十年近くの年月をかけ京都最大の大伽藍を造営し、開山に聖一国師(円爾弁円)を迎えた。その後相次ぐ火災のため、初期の伽藍の大部分を焼失するも、そのたびに見事な復興を遂げ、京都五山列せられるに相応しい名刹となった。勝林寺は東福寺の塔頭寺院の一つで、天文十九年(1550)に東福寺第二百五世住持であった「高岳令松」禅師によって、勝林庵として創建された。本山東福寺の鬼門(北方)に位置し仏法と北方を守護するところから、「東福寺の毘沙門天」と呼ばれている。~とあります。

ご住職の宇野 様は芸術に深い造詣があり、このお寺の庭園は禅の心を表しているだけでなく美しくて芸術的です。
座禅体験や写経・写仏体験でとても人気があり、最近では御朱印で整理券を配布しているほど人気があります。

50年から100年に一度といわれている双頭蓮(ソウトウレン)が咲きました。
古来「良いことが起こる前触れ」とされているということです。
今回 勝林寺と一緒にデジタル浮世絵(登録商標 第5757271号)として授与品を作って皆様に配布ができるようになりました。大きさは2種類ありポストカードとA4の大きさがあります。数に限りがございますので京都にお出かけの際にはお寺にご参拝されてお求めになることをお勧めします。
皆さんにも幸運が訪れることをお祈りしています。

勝林寺 ホームページ: http://shourin-ji.org/

Bishamonten Shorinji at Tofukuji
From the official homepage, Tofukuji, established in 1236, is the oldest Buddhist temple in Kyoto and the head temple of the Rinzai sect of Buddhism. Shorinji was founded as a sub-temple of Tofukuji in 1550 at the request of Kogaku Reisho, the 205th head priest of Tofukuji.
A master of this Buddhist priest of this temple is very interested in the art, so his Japanese garden is not only based on the Zen, but also that is beautiful and artistic. If you come this temple, you can be many temple experiences, ex. Zazen, Sutra and Buddha image copying etc. At throughout the year, groups of 8 or more people can view the concealed Bishamonten statue by appointment, this is what amazing experience for you.
They say that the double-head lotus is a rare flower blooming once in 50 through 100 and that is an auspicious sign. This time, I have made the awarded goods for sale of the double-head lotus collaborated with Shourinji temple as the
"Digital Ukiyo-e®" work. You should obtain it to get good luck because it is limited number products.

Shourinji Temple HP: http://shourin-ji.org/english/

コメント

人気の投稿