ライカな時間 Amazing time with Leica

Leica M Monochrom (CCD Model)+Summarit 50mm F1.5

ライカな時間
今年 平成29年(2017年)7月7日の「平成OSAKA天の川伝説」撮影の際にOMMビルでお会いした画家の大矢様のアトリエに訪問しました。
大矢様は長年ライカ社製カメラの使用者でもあるとのことで珍しいコレクションをみせてもらいました。
デジタルであるLEICA M Typ 240、Leica M Monochrom(CCD Model)、Leica T、Leica Xの他、フィルムカメラLeica M3最終ロットを約50年前に購入してそのまま箱付きで所有しておられました。
レンズも様々所有しておられますがカメラとセットで軽く150万円を超えるNOCTILUX 50mm F1.0は使っているだけで微妙な気持ちになりました。
個人的にはLeica M Monochrom(CCD Model)+Summarit 50mm F1.5を開放絞りで撮影したものが一番面白かったです。
楽しい貴重な時間でしたが、あまりにも久しぶりのライカとマニュアルフォーカスでしょうもない撮影になったのは仕方ないです。

Amazing time with Leica
I visited to Mr. Ooya who is a painter at his atelier.
I met him at OMM building when I had photographed the Heisei OSAKA Milky Way legend in July 7 2017.  At that time, I heard that he have the Leica cameras and the other, so I came to watch his collection and challenged to using.
He had a LEICA M Typ 240, Leica M Monochrom (CCD Model), Leica T, Leica X and a Leica M3 latest lot which is in the state that he had bought 50 years ago.
I was tense with a thing more than 1, 500, 000 yen. I liked a Leica M Monochrom (CCD Model) with a Summarit 50mm F1.5 when I had used.
It was happy valuable time. But there was not very nice photos, because I have not been using a manual focus camera, especially Leica, after a long absence.

人気の投稿